MITCHELL'S 
GUITAR LABO
2007年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

§mitchell 紹介

千葉県在住
自営業
半分サラリーマン
趣味:車・バイク・ギター

§Electric Guitar

■ ハイスペックコンポ STタイプ

■ FUJIGEN オールローズTL

■ カワイ Rockoon STタイプ

■ KIKUTANI SX TLタイプ改

■ Ibanez SZ320

■ YAMAHA SA1000

■ YAMAHA SL700C

■ KRAMER JK1000

■ GRECO LPタイプ

■ GRECO SGタイプ

■ HISTORY SH-L1

■ CrewsManiacSound VegusV

§Acoustic Guitar

■ GIBSON サザンジャンボ


S.YAIRI YOE28

■ KIKUTANI SX DX50

■ 不明L-00モドキ

■ Martin バックパッカー

■ Vintage VS50S

■ EASTMAN AR800-15

■ Artwood(Ibanez) AW105C NTM

■ ESP BambooInn K

■ FUJIGEN SP-TLブビンガ

§Electric Bass

■ KIKUTANI SX MusicManタイプ

§その他の楽器

■ ミニボンゴ

■ ミニタブラ(バヤン)

■ トランペット

■ イジュリドゥ

■ パチカ

§Motorcycle

■ HarleyDavidson XLH1200C

■ HONDA シルバーウイング600

■ HONDA TLM200

■ 1976 HONDA CB550F-2

■1969 Ducati Desmo250 Mk3

■1978 YAMAHA GX250SP

■HONDA FREEWAY

§CAR

■ VW GOLF2 GTI16V

§LINK

■ こだわりの表札を格安で!

■ オリジナルステッカー製作!

■ メニューボードはお任せ下さい!





【PR】ブログへ記事を投稿して報酬ゲット!アフィリエイトのA8.net

当ウェブサイトは個人運営です。
管理者が独自の解釈で感想と意見を書いたもので言葉に責任はもてません。
ご了承ください。

過去ログ
     HOME


■ テレ改造計画パート2


テレキャスターのボディーが手に入りました。
ブランクボディーではなく、どこぞのメーカーの中古品で、ブロンド塗装が施されハードウェアーが装着されております。配線はベルデンでコンデンサはオレンジが付いております。
詳細は不明ですが、サーキットの仕様を見ると、ショップ等のオリジナルかも知れません。
材はバスウッド、キャビティの座繰りは綺麗ですが、ネックポケットは雑な印象を受けます。


現状打痕もなく非常に綺麗な状態なので、塗装を剥がしてしまうのは惜しい気がしますが、
せっかくなので、SXの改造に次ぐ2作目の改造テレを作ろうかと思っております。

現段階でのイメージは、トップに杢の綺麗なメイプルを貼り、塗装し、
そしてネックのポジションマークをアヴァロンへ打ち直し。
バインディング、ピックガードはどうしよう。
色はどうしよう。
この辺は進めながら決めていこうと考えております。

2007/7/16

さて、続けて。

ボディーに合わせて早速ネックを入手しました。
ギター今の最も重要なファクターはネックだ。なんて思ってはおりますが、
現在 の経済状況の悪さを考慮し、あまりお金をかけられない事もあり、
安いネックを購入してしまいました。

 

メーカーは「SCUD」、あぽろんと言う楽器屋さんで取り扱っているパーツです。
豪華なイメージに仕上げたいと思っているのでローズ指板にしました。
まぁ、材も木取りも値段なり。作りはまぁ普通と言った感じでしょうか。
フレットは打ってある状態です。
写真では手持ちのグラフテックのトレムナットを乗せてあります。

このネックもポジションマークをメキシコ貝に埋めなおす予定です。

2007/7/19


■ JOEさんいらっしゃい

タイトルはご本人にしかわかりません(笑)

さてさて、ここしばらく更新をサボっています。
これといってたいした作業もしてないんですが、手持ちのフェンダーのストラトボディーに
まれまたストックしていたリプレイス用ネックを組み、フェンダー純正のクルーソンタイプの
ペグを取り付けました。
元々このネックはロトマチックタイプのペグがついており、ヘッドに12mmの穴が空いております。
これを市販のコンバージョンブッシュを使用し、ペグを交換します。
たいした作業ではありませんが、丁寧に確実に行います。
まぁ、どなたかの参考になれば。。。

2007/7/10

今回の材料コンバージョンブッシュ
12mm→10mm

まず、ロトマチックタイプのペグをはずします。

裏のビスを抜いて表のナットをはずします。

こんな感にね。

そして、用意するは爪楊枝。





ストリングガイドが2つ付いていたので好みで1つにします。その為穴を用事で埋めます。使用するボンドは粘土の高い(木工用)の瞬間接着剤ですが、付けば何でも宜しい。

ペグを交換することにより穴の位置が変わりますので、不要な穴を爪楊枝で埋めます。

ボンドが乾いたら、余計な部分を切り落とします。

のみなどで綺麗に仕上げます。



こんな感じにね。
まぁ、このビス跡は良いイメージは無いですね。まぁ、ここはこだわらず。。

左が交換用、右が付いていたもの。


これを穴に押し込みます。ゆるかったら軽くボンドでもくれてやって。

そしてペグを通し、ストレートエッジ(ものさし)等で、直線を出し、ビス穴にしるしをつけます。


メイプルは非常に硬い材なので、した穴を開けずにいきなりビスをもむと、ビスが折れることがあります。
必ず下穴を開けましょう。

こんな感じですね。
まっすぐね。

そして取り付けて完成。
あ、全体写真撮ってない。。。
過去ログ      HOME 
Copyrightc2006-2008 - MITCHELL'S GUITAR LABO - All Rights Reserved.
HTML, JAVAScript, CSS and all pages operated by Hideyuki Takai.
Produced by Hideyuki Takai.